NOS

No mOre Sabotage!!!!!!!!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

腎生検

昨日実施した腎生検について
腎生検とは、腎臓の組織を採取して病理検査を行うもの。
これによって今後の治療方針が決まります。

その腎生検は午前中に行うとの予定でしたが、
どうやら遅れて始まるみたいで、なかなかお呼び出しがかかりません。

午前6時に起床、
朝食はなし!

9時に尿カテーテルの導入、点滴の開始。
点滴は止血剤に、抗生剤。

体中からいろんな管が出た状態で
ベッドに横たわっていると、11時頃(だったかな)
呼び出しがかかり、ベッドごと処置室へ。

処置室ではベッドを乗り換えるのかとおもいきや、
じつは入院ベッドで処置をするとのこと。
少しでも動かない方がいいらしいので、、、

で、腎生検のために腹ばいになる。
お腹のしたにタオルをつめ、私は準備完了。

主治医をはじめ腎生検担当スタッフも
着々と準備をし、いよいよ麻酔から。

まず肩に痛み止めを打ってさらに腰にもう一度局部麻酔。
それでもなかなかの痛みですね。麻酔は。

それから、腎臓に向けてなにやらさしていきます。
痛みはないものの、かなり強く押される感じ。

それでは息をすって、、、、止めて、、、、パチン

これで一回目は終了。
このパチン音は予め聴かせてくれいていたので
どんなものかはわかっていましたが、おもちゃの鉄砲みたいな音ですね。

その後は強く背中を押されて、暫く待つ。

その後2度繰り返して腎生検終了。
3度目の時に出血が少しあったらしく
圧迫は長めにしてもらいました。

そして、背中に砂嚢をつけられて、
仰向けに寝かせられる。これが正午あたり、

ここから5時間、絶対安静。

砂嚢が左の腰についているせいで
とっても不安定。しかもじっとしているのがマジで大変。

腎生検よりもこれが一番辛い部分というのは
身体で感じて納得。

とりあえずXperiaで音楽を聞くものの
それ以上の腰のダルさと、痛みで寝ていても1時間程度で目が覚める。

午後5時過ぎ、ようやく砂嚢がとれ、
ここから約12時間さらに安静。

昼食も夕食も看護師の人に食べさせてもらいました。(起き上がれないので)

夜中も何度も目が覚めて、
しんどくて唸されてましたが、
午前5時半頃に検尿、血液検査、さらに9時前に腹部のエコー検査を経て
無事安静が解除になりました。

最初に起き上がるときはふらふらして大丈夫かと心配になりましたが、
一日まるまる寝ているだけでこうなるんですね、、、。

尿カテーテルもとれ、あとは午前中いっぱい
止血剤の点滴です。

それが終われば今回のメインイベントは終了ですな。
長かった。。。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/03(木) 11:47:59|
  2. 闘病|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今後の治療方針 | ホーム | 入院初日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eddie.blog12.fc2.com/tb.php/934-dfaa8b0d

EDDIE

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

お得なポイント貯まる!ECナビ

Links

Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。